今日は、人口減少 少子高齢化について考えます!

古事記では、イザナミが火の神様を産んで大火傷をして亡くなります。

そして、黄泉国に行ってしまうのです。

亡くなった人が行くところなんですけど。

イザナギは、愛するイザナミが亡くなったので悲しくてたまりません。

黄泉国に追いかけて行ってしまいます。

が、もう遅し。

イザナミは、黄泉国のものを食べてしまったので、黄泉国の住人の姿になってしまっていました。

けれども、イザナミも愛するイザナギの元に戻りたいので、黄泉国の神様にお願いに行かれます。

でも、その間絶対見ないでね。

ってイザナギは注意を受けます。

しかし、時間がどんどん経つけれどイザナミからの返事はありません。

待てなくなってしまったイザナギは、黄泉国の扉を開けてしまいます。

そこにいたのは、黄泉国の食べ物を食べて黄泉国の人になってしまった、今までにない姿のイザナミでした。

イザナギは、大きな声を上げて逃げていきます。

イザナミは、追いかけます。

見ないでと行ったのに…

這々の体で逃げてきたイザナギでしたが、黄泉比良坂から抜けて黄泉国を抜けて大きな岩でその道を塞ぎました。

その向こう側からイザナミの声が聞こえます。

「あなたの国の人を毎日1000人殺します」

イザナギは、負けずに言い返します。

「それなら、私は私の国の人を1500人産もう」

この話、聞いてどう思いますか?

私は、イザナギとイザナミのこの時の誓いが崩れてきていると思います。

ほんとうは、毎日500人増えていくはずの日本人。

なぜ出生率が下がってるのでしょう?

イザナギのパワーが落ちているのかもしれませんね。

では、どうしたらいいのでしょうか?

ぜひ、家族で先祖の話とこれから子孫を残すという事について話をしてみてください。

私が産まれてくるまで6代遡ったら126人の魂が必要だったのです。

この魂の思いを引き継いで行くことが、まずは生まれてきた理由なのではないかと思います。

住宅も同じです。

1代でその家を壊すのではなく、何代何年にもわたって、その家の魂を引き継いでもらいたいものです。